『海のはじまり』目黒蓮のヒロインは誰 ? 登場キャストと相関図から紹介

本ページにはプロモーションが含まれています。

本サイトでは、目黒蓮さん月9ドラマ『海のはじまり』のヒロインは誰なのかを【登場キャスト】や【相関図】・【ストーリー】から調査しましたので紹介します。

『海のはじまり』で「夏」を演じる目黒 蓮さんの相手役は誰なのか?

「水季」は誰が演じ流のか? ヒロインとなるのか?

現在までの情報では「夏」の相手役である有村架純さんに決まりましたね。この現在の恋人役である有村架純さんがヒロインなのか?

『海のはじまり』目黒蓮のヒロインは誰 ?

目黒蓮さん月9ドラマ『海のはじまり』のヒロインは誰なのかを【登場人物】や【相関図】・【ストーリー】から調査しました。

目黒蓮の「水季」は誰が演じるのか?・・・・・

今作において1つの大きなテーマとなるのが“親子の愛”。自分の子どもが7年間生きていることも、これまでをどう生きてきたかも知らなかった夏と、突然自分の人生に現れた海という2人の関係や、亡くなった彼女と娘との間の母と子の関係など、登場する人物たちの中にある“親と子”の間に生まれる感情をリアルに、そして丁寧に描き、紡がれていく作品をこの夏お届けします。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

彼女と娘との間の母と子の関係など、登場する人物たちの中にある“親と子”の間に生まれる感情をリアルに、そして丁寧に描き、紡がれていく作品

と、あることから【親と子】を描くように発表されているので、亡くなった海の母親との【親子愛】をリアルに描くのか?

目黒蓮のヒロイン「有村架純」は・・・・・

『海のはじまり』では、ヒロイン役として、有村架純さんの出演が決定しましたと発表がありまた。

この有村架純さんは、8年ぶりの月9出演となるとのこと。演じるのは、夏と交際中の恋人・百瀬弥生役で、夏とは付き合って3年になり、そろそろ結婚も?と、なんとなく考え始めています。化粧品メーカーの開発部で働く弥生は、真面目できちょうめんな性格の持ち主。仕事でも、納得がいかないときには妥協する事なく良いものを突き詰めていき、同僚からは“しっかりしている人”と思われています。そのため、年下である夏との交際について、会社の後輩から「百瀬さんほどしっかりしてる人だと、甘えやすいですもん。甘えることに罪悪感ないですもん」と言われることも。そんな弥生が夏との将来を真剣に考え始めていたある日、夏の部屋で一緒にご飯を食べていると、夏のもとに一本の電話が。電話口でぼうぜんとする夏の姿を見て、弥生は普段と様子が違うことが心配になり・・・・・というストーリーで・・・・・・・

今回、主人公の夏にとってこれからの人生をともに歩みたいと考える恋人・百瀬弥生の存在があった。弥生は仕事の関係で夏と出会い、付き合うように。交際がはじまり3年がたち、そろそろ結婚も考えようと思い始めていたとき、夏に子どもがいることを知る。それは、夏だけでなく、2人の未来を描こうとしていた弥生にとっても、青天の霹靂の出来事でした。ある日突然、愛する人に、その人がかつて好きだった人との間の子どもがいることを知った弥生が何を考え、どのように向き合っていくのか。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

この弥生の揺れる心模様も、この物語の重要なテーマに・・・・・。

『海のはじまり』その他の登場キャストを紹介

主人公「月岡 夏」を演じる : 目黒 蓮

目黒蓮はフジテレビの連ドラ初主演作品が伝統の「月9」で、主人公「月岡 夏」は、ある日、自分と血のつながった娘がいることを知る青年役を演じるとのこと。

今回がフジテレビドラマ初主演であり、“月9”で親しまれている伝統のドラマ枠で初主演を務めることになる目黒さんが演じる夏は、都内の印刷会社で働く28歳の青年。3歳の時に両親は離婚し、母親に引き取られた過去を持っています。その後、母親が再婚したことで、血のつながっていない父親と、3歳下の弟がいます。夏は高校を卒業後、都内の大学へ。その大学の新入生歓迎会の場で、水季と出会います。最初は話す言葉や考え方から「変な子だなぁ」と思っていた夏でしたが、そのペースが心地よく、自然と距離が縮まっていったことで水季と付き合うようになりました。しかし、2年生の冬、水季から一方的に別れを告げられてしまうのです。その後、大学も辞めてしまった水季と会うこともなく卒業し、そのまま就職。今も大学時代と変わらず同じアパートに住んでいます。「んー」が口癖の夏は、その曖昧な返事に対して「“うん”と“ううん”の間みたいな返事やめれる?」と冗談でツッコまれることも。また、めんどくさいことや、頭を使うことなどを避けるようにして生きてきた部分もあり、特に大きな挫折を経験したこともなく生きてきました。そんな夏が、別れて以来、7年もの間会うことがなかった水季の死をきっかけに、自分と血のつながった娘の存在を知ることになり…。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

「水季」の子「南雲 海」を演じる : 泉谷星奈

このドラマにおいて大きな存在感を持ち、タイトルにもある「海」の名を持つ女の子を演じるのは、期待の新星、泉谷星奈ちゃん。

その泉谷星奈ちゃんは、ちょっとした仕草が可愛らしい見た目と抜群の演技力で、【芦田愛菜ちゃん】の再来と言われており、これまで様々な有名ドラマやCMに出演してきました。

“大好きだったママを突然失い、そのママが大好きだった人と出会う”ことになった6歳の女の子・海。海は、夏と水季との間に生まれるも、父親の存在を知らないまま育ってきました。そんなある日、大好きだったママが亡くなり、その葬儀の場で、参列していた夏と出会います。最初は言葉を交わすことがなかった2人でしたが、その後、ロビーのベンチに1人で座っていたところに夏がやってきて…。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

期待の新星、泉谷星奈ちゃんへの期待・・・

海役を演じる泉谷さんは、これまでに数多くのドラマやCM、雑誌などに出演し、今もっとも注目を集める子役の一人。『あたりのキッチン!』(2023年10月期/東海テレビ・フジテレビ系)や『厨房のありす』(2024年1月期/日本テレビ系)など、主人公の幼少期役という重要な役どころを見事に演じきるなど、存在感と表現力を併せ持つ期待の新星です。なかでも昨年秋に放送した木曜劇場『いちばんすきな花』(2023年10月期/フジテレビ系)では、4人の主人公のうち、幼い頃からの思い出に縛られ悩みを抱えてしまう、今田美桜さん演じる深雪夜々の幼少期を好演したことが話題に。幾重にも重なる複雑な背景や心情をしっかりと演じ切ってみせました。今回の役はオーディションを経て決定。物語のタイトルにも入っている“海”という名をもつ重要な役どころということもあり、制作チームは今回、全国津々浦々まで声をかけ何次にも渡る一大オーディションを敢行。それを経て海役に選ばれた泉谷さんに村瀬プロデューサーも「この世代の子役の女の子、ほぼみんな見させていただいたと思いますが、海は星奈ちゃんしかいないと思いました」とコメント。今作でも泉谷さんの等身大の演技力に注目してください。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

「 南雲水季」を演じる : 古川琴音

夏のかつての恋人であり、海の母親である水季役を演じるのは、今最も注目を集める若手女優の一人、古川琴音で2年ぶりに月9出演になり、このドラマでは、重要な役となるようです。

今作で古川さんが演じるのは主人公・月岡夏(目黒蓮)が大学時代に交際していた恋人で、海(泉谷星奈)の母親である水季。夏とは、大学に入学したばかりの頃、新入生勧誘の場で出会いました。たまたま声をかけた夏に対していぶかしげな様子の水季でしたが、夏が同じ1年生だとわかると急に笑顔で人懐っこく話しかけてくるように。その後もマイペースに話を続ける水季に、当初は「変な子だなぁ」と思っていた夏も、次第にそのペースが心地よくなり、気付けばお互い笑顔で話すようになっていきます。そして、その年の夏には交際を始めていた2人ですが、2年生になりそろそろ就職活動に取り掛かろうとしていたある日、夏は水季から想像もしていない言葉を聞くことになり…。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

古川琴音のコメント

「家族になることも、ならないことも、小さな偶然と選択の繰り返しで、その瞬間に込められた愛がたくさん描かれた作品だと思いました。水季は27年間という短い人生のなかで、彼女なりに、大切な人たちを愛し抜いたかっこいい人です。その芯の強さに、演じる私自身が憧れつつも、その強さこそが水季の不器用で弱いところであったり、ぐらぐらと揺れ動きながら精一杯に生きていたことが分かり、何度も何度も胸がいっぱいになりました。そんな水季の生き様を丁寧に、精一杯、演じます。これから、錚々(そうそう)たるスタッフの皆さん、キャストの皆さんと、お芝居や対話を通して作っていくのが楽しみですし、視聴者の皆さんの中にもたくさんの対話が生まれる作品になると思います。是非お楽しみにしていてください」

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

「水季」の母親「南雲朱音」を演じる : 大竹しのぶ

大竹しのぶさんが2年ぶりに月9出演。大切な娘が残した子どもを守りたいと思う水季の母・朱音役を演じるとのこと。

今作で大竹さんが演じるのは、主人公・月岡夏(目黒蓮)の大学時代の交際相手・南雲水季の母・朱音(あかね)。一人娘である水季が大学生になり東京に行って以来、夫・翔平(しょうへい)と共に静かに生活を送っています。水季は不妊治療の末に授かった大切な一人娘でした。朱音は自分に似て自分勝手でもありながら、ぼんやりした性格は翔平に似ていることを、いつもどこかうれしそうに感じながら、全力で愛情を注いで水季を育ててきました。時に親子ゲンカをすることもあったのですが、朱音の思いとは裏腹に、水季とはすれ違ってしまうことも。夫と2人暮らしになり、親子のコミュニケーションに関していろいろと感じていたある日、娘に子どもができたことを知ります。まだ在学中でもあり、どうするのか激しい言い合いになりながらも、結果、産むと決め、父親には知らせずに一人で海を育てる決心をした水季を、陰となり日向となり見守ってきました。次第に母と娘の関係も修復し始めていたさなか、大切な一人娘が自分より先に死ぬという事実を突きつけられてしまいます。水季が残された時間を海(泉谷星奈)のために過ごそうとする姿を肌で感じ、自分も娘のために、娘の希望を実現するために生きようと思うようになり…。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

この大竹しのぶさんが演じる「水季」の母親役「朱音」は、このドラマには欠かせない存在だと思います。この重要な役を抜群の演技力を誇る大竹しのぶさんがどのように演じるのか実物だと思います。

「水季」の同僚「津野晴明」を演じる : 池松壮亮

フジテレビ系連続ドラマ初出演となる池松壮亮さんが演じるのは、海の母親・水季と同じ職場で働いていた青年・津野晴明を演じるそうです。

今作で池松さんが演じるのは、南雲水季が夏と別れたあとに働いていた図書館の同僚・津野晴明(つの・はるあき)。津野は、水季が海といられないときに海を預かってあげたり、保育園のお迎えに行ったり、シフトの調整をしたりと仕事面だけでなく、さまざまな場面で育児や生活についても水季と海を支えてきました。水季の葬儀で、海がひとりぼっちにならないようにそばにいるときに偶然、月岡夏(目黒蓮)と出会います。名前だけ聞いていた海の父親と初めて対面した津野は、夏が水季の事情を何も知らないことを知り「この7年のこと、ほんとに、何も知らないんですね」と言い放ちます。感情の整理ができていない津野は…。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

主人公「夏」の弟「月岡大和」を演じる : 木戸大聖

月9ドラマ初レギュラー出演となる木戸大聖が演じるのは、主人公・夏の弟である大和役を演じるとのこと。

今作で木戸さんが演じるのは、主人公・夏の弟・大和。大和は東京の実家で父・和哉(かずや)と母・ゆき子と3人で暮らしており、性格は言葉にするのが苦手な夏とは違い、考える前に声が出てしまうというタイプです。大和は、幼い頃に母親を亡くしていて、7歳の時に和哉がゆき子と再婚したことで、夏と家族になりました。夏が葬式から実家に帰って来た時の様子を見た大和は、母親が亡くなったときのことを思い出し…。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

現在(2024,06.12)までの公式HPでの発表となっている情報ですので、更新されしだい情報を発信していきます。

『海のはじまり』の相関図を紹介

現在(2024,06.12)までに公式HPでの「相関図」の発表はされていませんので、情報が更新されしだい発信していきます。

¥480 (2024/06/06 12:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

『海のはじまり』の放送日決定

初回放送日が【7月1日】に決定しました。

さらに、初回は30 分の拡大も決まりました。

海のはじまり』まとめ

この「海のはじまり」は、『silent』チームが再び集結して、【映像】・【音楽】を通して、【恋愛】そして【友情】を丁寧に描いてきた作品で、このチームが作り出すドラマは、【親子の愛】を紡がれる“家族”の物語なのです。

【映像】本編映像公開 (2024.6.20)

ついに本編映像が「X」で公開されました。

【音楽】「back number」が主題歌を担当

主題歌は、歌詞から生みだされる世界観と表現力豊かなメロディーが幅広い世代に愛されている人気の『back number』が務めることが決定しました。

back numberが月9ドラマの主題歌を担当するのは、『5→9~私に恋したお坊さん~』(2015年10月期/フジテレビ系)以来約9年ぶりで、『新しい恋人たち』という楽曲だそうです。

この楽曲誕生のについてのコメント

back numberは、さまざまな“親と子”の姿を通して描き出す“家族”の物語に寄り添う感動的な新曲『新しい恋人達に』を書き下ろしました。この曲は作詞作曲を務める清水依与吏さんが、本作の第1話から第9話までの脚本を読み込み、村瀬健プロデューサーと何度も話し合いを行い、ドラマのテーマや世界観を共有した上で、このドラマのためだけに書き下ろした楽曲となっています。back numberだからこそ紡ぎだすことができる、すっと心に響き渡る前奏に、まるで聴く人によって違う問いかけにも聞こえる清水さんの歌詞と歌声による歌い出し。誰もが人生のどこかで感じるであろう葛藤や悩みに、そっと寄り添っていくかのように流れていくこの曲は、作品の中で生きる登場人物へ思いを重ねられるだけでなく、曲に触れる全ての人たちにとっても大切な“誰か”の物語に思いを巡らせたくなる一曲となっています。幾重にも重なる絆を紡ぎ描いていく本作のテーマである“家族の物語”にふさわしい、優しさと切なさを包みこんだメロディーは、まさにback numberにしか奏でることができない作品とも言えるはず。さらに、『クリスマスソング』と同じく、今回も小林武史さんがプロデュースを務めます。この物語を見守る全ての人にお届けする、back numberが奏でる主題歌にご注目を‼︎

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/
¥39,480 (2024/06/05 11:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

本作の演出は、木曜劇場『silent』にて同じ思いを共有し、丁寧に作品作りに取り組んだ、今最も注目を集める若手クリエイター・風間太樹監督と、今作が3作連続での“生方作品”ということで誰よりもこの脚本が描く世界観を知る髙野舞監督、そして『いちばんすきな花』にて“生方作品”に初めて触れ、その言葉を見事に映像に落とし込んだジョン・ウンヒ監督の3人が担当することも決定。また、本作の音楽を担当するのは、監督たちと同じく、『silent』、『いちばんすきな花』と“生方作品”を彩ってきた作曲家・得田真裕さん。村瀬プロデューサーとのコンビとしては、2016年の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で月9ドラマも手掛けており、その美しく繊細な音楽は、メロディーを聴いただけでドラマのシーンを思い出して泣いてしまうと、多くのドラマファンの心に深く刻まれています。今回も、せつなくて、でもあたたかい“生方作品”ならではの世界観を音楽で表現し、視聴者の心に寄り添うメロディーで盛り上げてくれるのは間違いありません。脚本だけでなく、作品作りの要となる演出を担う監督や音楽にも、特別な思いをもった布陣がそろったことに村瀬プロデューサーも「このドラマの世界を描き出すにあたり、これ以上ない、最高最強、パーフェクトな布陣です」とコメント。これまでと変わらず、物語に登場する1人1人の人生に丁寧に寄り添いながら作品を作り上げることができるメンバーが“再集結”し、最高のチームがこの夏動き出すことになります。

引用 : https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、"福くん,,と申します。

このサイトは、スローライフな生活を通して、『楽しちゃおうょ』をテーマに生活する上での【楽】で【安心】できる情報を発信するサイトです。